ベトナムにおけるフィンテック&予想外のブーム

ブゥ

11月 19, 2021

ベトナムにおけるフィンテック&予想外のブーム
フィンテックの名称の由来は「Fintech = Finance + Technology」であり、最近登場した概念というものです。それで金融技術と理解されています。

この用語は2008年以降に登場しましたが、4.0テクノロジーの今まで、爆発的に普及されています。フィンテックは金融、銀行、通貨の運用方法を変え、金融セクターに最も重視されます。 特に金融市場及び銀行全般に影響を与え、新しい分野としています。

ベトナムのフィンテック企業の投資資本は、2019年に東南アジア地域全体の36%を占めました。 2018年に、ただ0%に近いだけです。2015年以降、フィンテックの新興企業はベトナム市場で発展し始め、特にハノイとホーチミン市で、この分野で活動する企業だけでなく、コミュニティの注目を集めることになりました。

ただし、他の国と比較すると、まだ控えめです。ある統計によると、2017年から2018年にかけて、シンガポールには490以上のフィンテック企業があり、マレーシアが196、インドネシアが262です。ベトナムでは、モモは存在感のある珍しいフィンテックの企業です。世界のフィンテックトップ100にランクインしています。

デジタル化の話では、遅い銀行は大きな影響を受けますが、競争が少ない小規模銀行にとってのチャンスです。フィンテック企業と組み合わせると、大きな力を生み出し、網羅率を高めることが可能です。現在、一部の銀行は2年間近いで組み合わせの動きを行っています。

銀行とフィンテックが協力する必要があると考えており、今後3年間、この傾向は、法律、技術、協力、開発の観点から持続的に発展するでしょう。

ブゥ