ベトナム人の考え方で「コーヒーに行く」

日本人は、仕事に集中する必要があるときにコーヒーを飲むことがよくあります。一方でベトナム人は一日中いつでもコーヒーを飲むことができます。ベトナム人にとって、「コーヒーに行く」という言葉は、今やコーヒーを楽しみに行くだけではありません。 「コーヒーに行く」には、友達に会いに行く、仕事に行くなどの意味も含まれます。

ベトナムのカフェでは、最も一般的な飲み物はアイスミルクコーヒーです。ミルクと組み合わせると、コーヒーの味は非常に異なり、より良い体験をもたらします。 ベトナム人は日常的にミルクコーヒーを飲み、1日に数杯でもアイスミルクコーヒーを問題なく飲むことができます。

近年、ベトナム人のコーヒー文化は、味も見た目も楽しむ文化です。人々は何時間も座ってコーヒーを、そして店内の空間を楽しみます。したがって、一杯のコーヒーや飲み物の価格には、材料とサービスの費用も含まれます。ニーズを満たすため、新たなサービスとしてブックカフェ、オフィスカフェ、ペットカフェなど、多くのパターンが生まれました。

「フィンコーヒ」というフィルターコーヒーがいつからベトナム人に愛されたのか、誰も分かりません。ただ、新しい一日が始まり、フィルターから一滴ずつコーヒーがカップに落ちるのを待つのは、人々に時間の味と待つことの価値を感じさせます。社会の発展とともに、コーヒーを楽しむ文化は日々大きく変化してきましたが、濃く、苦く、香り高いコーヒーは、ベトナム人の心にいつまでも色褪せることのない飲み物です。