「食べ残し」についてベトナム人と日本人はどう思うのか?

グエン・ミン・ヴ

7月 15, 2021

一般の店から高級レストランまで、食べ残すお皿のイメージがよく見かけられています。支払いの後、食べ残す物はすぐにゴミ箱に捨てられます。近年、「食べ残し」の問題が大きな注目を集めていますが、それは食品廃棄物の話だけでなく、多くの人々は「食べ残し」が食卓文化を表すと考えています。

特に誰かから食事に誘われるとき、どのように食べるべきでしょうか?

ベトナム人の考えでは、食事をするとき礼儀正しく守るため、皿食べ物を少し残した方がいいようです。食事後、空っぽのお皿を置いておくと、相手にまだ空腹だと思われてしまうからです。

ベトナム人はそうですが、日本では、食事する時、食べ残すべきではありません。

日本で食事をする場合、すべての食べ物を食べるといいでしょう。日本人は、レストランであろうと家であろうと、食べ残しが失礼だと言われています。それは、日本文化における「もったいない」の概念に関連します。大まかに言うと、「もったいない」が無駄にしたことに対する後悔の気持ちとして表しされていることです。

しかし、最近のベトナム人(特に若者)はよりオープンな考えを持っており、料理人に対して最小限の敬意を表すために、提供された食べ物を食べきれるようにします。しかし、ベトナム人は、場合によって、食べ残しに対する考え方も異なります。例えば、友人や親戚と一緒に食事をする場合、きれいに食べたほうがいいという共通の考え方を持っていますが、パーティーや初デートに行く場合は、お皿に少し残した方が印象が良くなるだろうと思う人もいます。

グエン・ミン・ヴ

みなさん、こんにちは。 グエン・ミン・ヴと申します。現在、ITコミュニケーターとして働いています。 日本に住んでいた時、日本人の友達を通して日本の文化、生活、日本人の考え方を体験することができてとても幸いです。 記事を通して、私も日本人にベトナムのことについての興味深い話を共有したいと思っているので、どんな面白い話をもたらすのか、お楽しみに!