ベトナム人の生活における「断捨離」

断捨離というライフスタイルは、2010年から2011年頃に日本で出現し、特に数千人の命を奪った突然の地震と津波の後、多くの日本人に人生の意味を疑問視させた時点です。

「断捨離」スタイルのアパートには、必需品だけがあります。

断捨離を選んでいる人は、物質的なものを取り除いた後、友達に会ったり、旅行したりするなど、自分が本当に好きで感謝しているものが人生に「現れる」機会があります。本当に必要ではない、または好きではないものが分かるようになります。

そして、ベトナムでの「断捨離」は?

2015年の年末に、ベトナムの読者は多くの紹介記事を通じて断捨離に近づくことができました。そして、このシンプルで自然にやさしいライフスタイルは、ベトナムの若者の一部で徐々に形作られています。

いつも写真撮影で忙しいミンさんは、家具の少ない風通しの良い生活空間を選んでいます。

「この空間にいると、海の前に立っているような気がします。空虚さは私をよりリラックスさせてくれます。」

ミンさんはベトナムの断捨離ライフスタイルのパイオニアの一人であり、きちんとしていることは彼が最も効果的な方法で仕事をするのにも役立つことを強調しています。

LINEコミュニティ開発サポートセンターのタン・チュックさんは、友人たちに、誕生日プレゼントの代わりに、使用する予定のお金を慈善団体に送金するようお勧めしました。 チュックさんは今年もバスで通勤するように切り替えました。

そして、車に乗らず、自転車に乗るマイ・ハンさんは、高給の仕事を辞め、新鮮な野菜をオンラインで販売する仕事をし、ビニール袋の過度の使用を支持していない人です。
ハンさんだけでなく、ハンさんの仲間もバイクの代わり、自転車に切り替えました。

「誰でもやる、私もやることではなく、それぞれの消費行動の影響を認識した方が大事なこと」ハンさんが断捨離につて意見を述べました。

断捨離は買い物の話だけでなく、ベトナムの若者の精神と創造性に対して、物質的な生活の目に見えない圧力を和らげ、自分自身と周りの人にもプラスの影響をもたらします。