ベトナムの南西部のフロートマーケット

グエン・ティ・トゥ・ホアイ

7月 20, 2021

南西部のフロートマーケットは国内外の観光客にとっても珍しい目的地ではありません。地味で素朴な特徴のおかげで、南西部のフロートマーケットは川辺の人々だけが持つ独特の文化になります。

南西部のフロートマーケットは何の市場ですか。

フロートマーケットは南西部河川地域の文化的特徴です。このタイプの市場はよく各川に現れます。これは、私たちがよく目にする市場の種類と比較した場合の最大の違いだと思います。

フロートマーケットが運営するのに理想的な場所は幅が広すぎず狭すぎない適度な幅の河川セクションです。そして、この河川の深さは浅すぎたり深すぎたりしません。販売中の安全を確保し、商品の交換を容易にする必要があるためです。

南西部のフロートマーケットはどのように機能しますか?

南西部のフロートマーケットでは売り手と買い手も両方の輸送手段は小型木造船またはボートです。マーケットによって営業時間が異なりますが、殆ど南西部フロートマーケットは午前中に最も賑やかです。

ボートにいつも売りたい品物がたくさん積もります。特に各ボートには一つ又は二つのポールがあり、その上に彼らが消費者に持って行きたい製品を吊るします。それで、顧客はポールを見るだけで、必要なものや購入したいものがあるかどうかを知ることができます。そいうことは、一番便利なことだと思います。

南西部フロートマーケットといえば多くの人にとって奇妙ではないかもしれません。お客様はここに行ったら、川辺のにぎやかな生活に体験し、川沿いの人々の親しみやすさ、おもてなし、誠実さを実感できます。

チャンスがあったら、是非南西部フロートマーケットに体験してみてくださいね。

グエン・ティ・トゥ・ホアイ

こんにちは!ホアイと申します。 今日本の栃木県に住んでいます。ニックネームはNHÍMという針鼠ちゃんです。私は書くことと旅行が大好きです。一番好きなスローガンは”自分の成功の速度は両親の老化の速度よりも速くならないと!