行商人

日本では、お店と言えば、すぐに看板や目立つ名前を飾る店を思い浮かべます。このような店は通行人を引き付けます。しかし、ベトナムでは、街に歩くと行商人を見えるのが難しくないです。特に、外国人の観光客にとって、肩にいろいろな品物がある天秤棒のイメージは非常に奇妙だと思っています。

行商人のイメージは長い間文化的な特徴になっています。小さな通りや路地では、肩に季節のおやつを積んでいる荷物を抱えて、歩いている行商人を簡単に見えます。

行商人と言えば、よく貧しい女性の姿を思います。露天商の後ろに子供を学校に育てるために重荷を負う母親の話があります。それで、殆ど買い手は行商人にバーゲンしたくないそうかもしれません。暑い天気でも荒天でも、いつもおなじみの街角に行商人の面影を見えます。

よく露天商で売られるのは菓子、果物、バイン・ミー、フォーです。またはリンゴ、プラム、ライチ、リュウガン、ナゲット、蓮などの季節の特産品もみかけられます。

かつては、通りの賑やかな音と混ざり合って、おなじみの叫び声を聞いていました。例えば、「バイン・ミーいかがでしょうか。」という呼び声です。早朝から深夜まで、いつでもこのような呼び声を聞こえます。

今日のベトナムは古い街の代わりに賑やか街で、モダンなレストランで高層ビルが軒並み立てられます。都市化に伴って、露天商も大きく変化しました。販売のための声はますます少なくなっています。しかし、生活はそのほど発展しても、行商人がいなくなりません。それは多くのベトナム人の生計手段です。

外国人の観光客にとって、行商人と露天商のイメージはベトナムの非常に特別な文化となっています。