ベトナムの朝食文化

ブゥ

11月 13, 2021

ベトナムの豊かな食文化の中で、ただの朝食だけでも様々な面白いことがあります。

ベトナム人はきちんと食事することを大事にするものだし、朝食は一日の活動のエネルギーを補給するわけで朝食を取らなければならないという考えは当たり前のことになってきました。

朝食専門店が少なかった数十年前、自宅で朝ご飯を食べることが多かったです。ベトナムでは仕事も学校も朝早く始まるので簡単に作れるものはよく食べられました。インスタントラーメンと一本のソーセージ、前日の晩ご飯の残飯から作られたチャーハンやシンプルなピーナツごま塩のおにぎりなどは定番でした。

ベトナムの朝食文化

経済発展とともに洋風朝食用のシリアルやオートミールが徐々に導入されて朝食の選択肢も広がっており、ベトナム麺料理の店もより早く開店するようになったりすることで朝食として麺料理を食べることが一般的になりつつ、外食するのはどんどん多くなってきました。通勤時間が長くお家やお店でゆっくり食べる余裕がない人でも持ち帰りできるので便利です。

ベトナムの朝食文化

平日の朝食は短時間で済ませるのに、週末の朝食はできるだけゆっくりするものです。家族全員で好みの店に行って話しながら朝ご飯を食べて、そして公園やショッピングモールを回ることが多いです。それとも朝早いから友達と一緒に何かのスポーツをやった後、カフェで朝ご飯を食べたり、コーヒーを飲んだりしながらいろいろなことについてしゃべることもよくあります。ベトナム人にとっては週末の朝食はただの食事ではなく、人と人をつなぐ大切な時間です。

ベトナムの朝食文化

ブゥ