ベトナムの朝食文化

ブゥ

11月 13, 2021

ベトナムの豊かな食文化の中で、ただの朝食だけでも様々な面白いことがあります。

ベトナム人はきちんと食事することを大事にするものだし、朝食は一日の活動のエネルギーを補給するわけで朝食を取らなければならないという考えは当たり前のことになってきました。

朝食専門店が少なかった数十年前、自宅で朝ご飯を食べることが多かったです。ベトナムでは仕事も学校も朝早く始まるので簡単に作れるものはよく食べられました。インスタントラーメンと一本のソーセージ、前日の晩ご飯の残飯から作られたチャーハンやシンプルなピーナツごま塩のおにぎりなどは定番でした。

ベトナムの朝食文化

経済発展とともに洋風朝食用のシリアルやオートミールが徐々に導入されて朝食の選択肢も広がっており、ベトナム麺料理の店もより早く開店するようになったりすることで朝食として麺料理を食べることが一般的になりつつ、外食するのはどんどん多くなってきました。通勤時間が長くお家やお店でゆっくり食べる余裕がない人でも持ち帰りできるので便利です。

ベトナムの朝食文化

平日の朝食は短時間で済ませるのに、週末の朝食はできるだけゆっくりするものです。家族全員で好みの店に行って話しながら朝ご飯を食べて、そして公園やショッピングモールを回ることが多いです。それとも朝早いから友達と一緒に何かのスポーツをやった後、カフェで朝ご飯を食べたり、コーヒーを飲んだりしながらいろいろなことについてしゃべることもよくあります。ベトナム人にとっては週末の朝食はただの食事ではなく、人と人をつなぐ大切な時間です。

ベトナムの朝食文化

ブゥ

経済成長が目覚ましいベトナム

Linh

11月 8, 2021

ベトナムは、成長著しい東南アジアの中でも安定した経済成長を続けている国の一つです。この20年の間に、ベトナムの1人当たりのGDPは約20倍にも伸びています。ベトナムは経済成長が目覚ましい国でもあり、今後ますます経済が発展していく可能性を秘めています。

経済成長が目覚ましいベトナム

ベトナムでは経済成長に伴い、国民の所得が増え、生活水準が向上しています。生活者は多様なニーズを満たすものを求め、「一人の時間・体験」を重要視するようになる、と考えられます。

経済成長が目覚ましいベトナム

こうした経済発展の影響は、人々の生活の中にも表れています。その一つとして、最近ベトナム人男性の間ではスポーツジム、女性の間ではヨガに通うことが流行しているそうです。

経済成長が目覚ましいベトナム

健康への意識という点では、食に対する関心も高まっています。現地のスーパーマーケットを見ると、食品の生産地や生産者、製造過程に関する表示がしっかりとされていて、安全性への強いこだわりです。

 

かつての先進国と同じく、今後はベトナムにおいても経済発展による産業の高度化とともに、美容や健康、飲食をはじめとした第三次産業への需要がより高まっていくのです。

経済成長が目覚ましいベトナム

勢いにあふれる国だということ以外にも、食の豊かさや旧市街の街並みの美しさ、観光スポットの多さなど、ベトナムの魅力はたくさんあります。現在のベトナムでは経済成長によって街並や人々の生活意識にも変化が起きています。金銭的・時間的な余裕ができたことで、自分への投資やモノの付加価値に目を向ける人が増えてきたのかもしれません。

ベトナムは人口がまもなく1億人を突破すると見られており、国土も決して小さくないと主張。国にとって人口は非常に重要な資源であり、ベトナムが「安価で勤勉な労働力」という強みを存分に発揮できれば、高度経済成長のような急激な発展が可能です。

 

Linh