ベトナム人がバイクを「ホンダ」と呼んでいる理由は何?

ブゥ

11月 17, 2021

ベトナム人がバイクを「ホンダ」と呼んでいる理由は何?

ベトナム市場に参入する前、ホンダはスーパーカブで話題になっていました。現在、ベトナムでは、ホンダがバイクの1つのブランドである代わりに、バイクをホンダと呼んでいて、ベトナムの二輪車市場シェアの65%でリードしています。ベトナム人の3人に1人がバイクを所有していると推定されています。その中で、トップブランドは日本から本田技研工業です。

ベトナム人がバイクを「ホンダ」と呼んでいる理由は何?

多くの開発途上国と同様に、ベトナムでは7400万人近くが主要な輸送手段としてバイクを使用しています。さらに、輸送コストが低く、同様の市場(タイなど)での日本の自動車メーカーの経験により、市場への迅速な参入が可能になります。

また、ホンダは、中高所得者向けの価格設定方針や商品、リーズナブルな流通、プロモーション方針など、効果的なマーケティング戦略を高く評価しており、「べたナムが好き」をスローガンにベトナムの精神を打っています。

ベトナム人がバイクを「ホンダ」と呼んでいる理由は何?

ベトナムでは、バイクは移動手段であるだけでなく、生計を立てるための道具として、さまざまな対象に適しています。ホンダのバイクはベトナム人の心に深く根付いており、人々は「ホンダバイク」とよく呼んでいます。

ベトナム人がバイクを「ホンダ」と呼んでいる理由は何?

ベトナムでの登場以来、ホンダの二輪車市場シェアは常にトップでした。 2012年、ホンダベトナムは190万台の販売を報告し、 FDI資本を持つ二輪車会社だけを数えると、ホンダは市場シェアの約65%を占めています。

ベトナム人がバイクを「ホンダ」と呼んでいる理由は何?

ホンダはリードしているものの、多くの困難に直面しました。中国の二輪車の熾烈な競争に加えて、ホンダは二輪車市場の飽和と他の競合他社からの圧力などの問題にも直面しています。

 

ブゥ