メタバースは世界の未来になるのか?

ブゥ

12月 7, 2021

メタバースは世界の未来になるのか?

メタバースは、世界をビデオゲームのように感じさせるように設計されたバーチャルリアリティプラットフォームです。この広大な世界の中で、独自の3Dアバターを作成し、仮想空間を探索することができます。メタバースは、私たちの日常生活に革命を起こす可能性を秘めています。

メタバースは世界の未来になるのか?

メタバースという用語は、1992年のSF小説SnowCrashでニールスティーブンソンによって造られました。多くの人々が共有する没入型バーチャルリアリティ環境を説明するために使用される用語です。1900年代初頭から常に想像されてきましたが、より高速なコンピューター、スマートフォン、VRヘッドセットなどの技術の進歩のおかげで、その可能性が実現されました。

メタバースは世界の未来になるのか?

より多くの企業がこの分野に参入し、Facebook、Google、Microsoft、Apple、Amazonなどの主要企業が数十億ドルを投資するにつれて、メタバース市場は成長を続けます。他に、ソーシャルメディア企業は、VRテクノロジーとAR(Augmented Reality)に多額の投資を行って、プラットフォーム上のユーザーに没入型のエクスペリエンスを提供しています。 

メタバースは世界の未来になるのか?

そこでは、実際に直接会うことなく、独自のデジタルセルフを作成し、他の人と対話することができます。世界の未来は、バーチャルリアリティのメタバースとして想像することができます。これは、人々がさまざまなアバターを持ち、実際の機能を備えたデジタル世界に住んでいる3D仮想環境です。

VR業界も約2400%の成長だと予想されています。今後数年間で、マリオカートやFacebookスペースなどの仮想環境を歩き回ることができるようになります。 世界の未来はメタバースの手にあるかもしれません。

ブゥ