世界的なエネルギー危機

リン

11月 11, 2021

今の世界において新型コロナウイルスのワクチン接種が徐々に広がり、景気回復でガスや石炭の需要の需要が増えていますが、供給はそれに追いついていない状態です。北半球の冬が近づき、一日も早く供給確保の課題を全力で解決策を講じています。

世界的なエネルギー危機

イギリスから中国まで、天然ガスや電力の不足は新型コロナウイルス禍で急減した需要が戻ってきた時期に重なっています。これまでも世界は不安定なエネルギー市場や供給逼迫に直面したことがありましたが、現在の状況がそれと異なるのは先進国では電気時代の幕開け以来で最も野心的な電力システムの改革が進んでいる一方で、再生可能エネルギーの貯蔵が容易ではないことが背景にあります。

今度の危機の要因の1つは、ガス不足です。昨年の冬季は気温が低い状態が続いたことで、電力需要は高止まりし、各国に貯蔵されているガスの量は大幅に減少しました。現在、冬の本格到来を前にガスを貯蔵する動きが活発化し、ガス価格が高騰しているのです。

世界的なエネルギー危機

また、アジア地域などでロックダウン後の経済復興の動きに合わせガス需要が増加していることも、ガス価格の高騰要因になっています。

それに加えて、欧州の天然ガスは41%がロシアから供給されています。この数カ月間、欧州からロシアに対しガス供給を増やすように働きかけが行われましたが、ロシア側はそれを拒否しました。欧州内ではこの動きが市場操作になるのと非難の声が上がっています。

この課題の長期解決策については、風力や水力によって生み出した電力をどう蓄えるかです。石油やガス、石炭とは異なり、こうした「グリーン水素」は水と強い太陽光と風さえあれば、世界のどこでも生産可能です。ただし、初期のグリーン水素プラントもまだ計画段階にあり、重工業や電力会社など潜在的な大手需要家は、この解決策が有効かどうかを検討しています。水素が世界のエネルギーシステムを支えるようになるとしても、それは何年も先の未来だろう。

世界的なエネルギー危機

冬の時期が差し迫る中、世界のエネルギー危機はどのような展開をみせるのか、注視が必要でしょう。

 

リン

ロックダウン解除後の経済回復

Linh

11月 1, 2021

数か月の社会的隔離後、ようやく10月1日からベトナムの各地方のロックダウン措置が一部解除され、ビジネス再開と共にロックダウン前の日常が徐々に戻ってきました。

一番影響を受けた最も重要な経済的中心のホーチミン市においては、外出制限が大幅に緩和されることになりました。そのニューノーマル(新常態)の条件を見ると、ワクチンを接種した者は自由移動や各サービスの利用が優先されることがわかりました。お店に立ち入るやサービスを利用するには、「S sc khe đin t」(電子健健康帳)というアプリでのワクチン接種証明書を表示するしなければならなく、一回接種済みはイエロカード、二回接種済みはグリーンカード、どちらも認められています。義務化されていないのに日常活動だけでなくビジネス関連の活動もワクチン接種は徐々に必須となる見込みです。

それと伴って一部の営業活動も再開されてきました。エンタメ(バー、クラブ、カラオケ、映画館など)以外はほぼ許可されるようになりましたが、来客の数は限られたり接種状況を確認したりする制限がまだかかっています。

バスやタクシーの運行は他の市・省と同様に再開された一方、市間の移動は引き続き制限し、病人や小さな子供、妊婦の送迎など一部のケースに限って許可します。また、10月4日以降は、東南部地方のビンズオン省、ドンナイ省、タイニン省、ロンアン省の近隣4省からホーチミン市の職場まで労働者を自動車で輸送する活動(往復)を再開し、企業はホーチミン市交通運輸局に移動ルートや運行時間などを報告しなければなりません。労働者は4省とホーチミン市との間を移動する際に、バイクや自動車などの個人車両を使用することも可能であります。

国内線の運航再開も検討中でありながら、運航についてのワクチン接種証明書や到着後の隔離などの措置が取られており、出張や現場調査はできない中、代わりにリモートワークが続いていく見通しです。

ワクチン接種が広がれば広がるほど、制限緩和・解除、それにつれて経済回復が期待されています。ただし、新型コロナウイルスとの闘いはこれからどうなるのかはわからないことが多く、状況が常に変化する可能性はあるのでそれに対してどのように適応するのかは大事だと心掛ける必要でしょう。

 

Linh