コロナとシェアリングエコノミー

ブゥ 

11月 22, 2021

コロナとシェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーとは、インターネットを活用しながら、個人間で貸し借りや、売買を行う新しいビジネスの形態のことです。「シェアエコ」や「共有型経済」と呼ばれることもあります。

コロナとシェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーにおいて、今後、空間、スキル、移動、お金、モノのシェアは、ビジネスとして可能性を秘めた領域を考えます。

ここまで見てきたように、さまざまなかたちで新しい社会の在り方を提案し拡大してきたシェアリングエコノミーですが、多くのサービスがコロナによって影響を受けました。なぜなら外出自粛や人と会うことの制限要請は、シェアリングエコノミーの基本となる「人と人のつながり」「物や体験・場所の共有」ができない状況を生み出したのです。

コロナとシェアリングエコノミー

一方でフードデリバリーサービスはコロナを機に一気に知名度を上げニーズも高まりました。スーパーマーケットに行くのも厳しく毎日自炊するのも疲れる中で、飲食店にとっても顧客にとってもWin-winなフードデリバリーサービスは人々にその価値を認められたのです。フードデリバリーサービスの成功は地域内でのデリバリーサービス普及にも大きな影響を与え、地域経済にも新たな可能性を感じさせました。見方によってはコロナによって本当に人のためになる価値あるシェアリングエコノミーの在り方がわかったともいえるでしょう。

コロナによって大小さまざまな影響を受けたシェアリングエコノミー。今後もその規模は多様性を増しながら拡大することが予想されますがいくつか課題もあります。大きいのは保険・補償制度の課題です。

コロナとシェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーは比較的新しいサービス形態のため制度の整備が追い付いていない面があります。トラブルや事故が起きた場合に既存の保険が適応されない、責任の所在や補償範囲が不明確などの課題があげられており、これらはコロナ禍にニュースでも取り上げられました。

その他にも個人情報やサービス享受の地域間格差などの課題があります。しかし課題は市場規模が拡大し多くの人が利用しそのメリットを感じる中で少しずつ解決していくものと思われます。

コロナとシェアリングエコノミー

そこで重要なのは、シェアリングエコノミーはビジネスのいちアプローチではなく、新しい社会の在り方であるということです。シェアリングエコノミーによって供給不足の解消、潜在的な需要の開発、周辺ビジネスの拡大などの社会課題を解決し1人でも多くの人が幸せに暮らせる社会を実現する。

ブゥ 

経済成長が目覚ましいベトナム

Linh

11月 8, 2021

ベトナムは、成長著しい東南アジアの中でも安定した経済成長を続けている国の一つです。この20年の間に、ベトナムの1人当たりのGDPは約20倍にも伸びています。ベトナムは経済成長が目覚ましい国でもあり、今後ますます経済が発展していく可能性を秘めています。

経済成長が目覚ましいベトナム

ベトナムでは経済成長に伴い、国民の所得が増え、生活水準が向上しています。生活者は多様なニーズを満たすものを求め、「一人の時間・体験」を重要視するようになる、と考えられます。

経済成長が目覚ましいベトナム

こうした経済発展の影響は、人々の生活の中にも表れています。その一つとして、最近ベトナム人男性の間ではスポーツジム、女性の間ではヨガに通うことが流行しているそうです。

経済成長が目覚ましいベトナム

健康への意識という点では、食に対する関心も高まっています。現地のスーパーマーケットを見ると、食品の生産地や生産者、製造過程に関する表示がしっかりとされていて、安全性への強いこだわりです。

 

かつての先進国と同じく、今後はベトナムにおいても経済発展による産業の高度化とともに、美容や健康、飲食をはじめとした第三次産業への需要がより高まっていくのです。

経済成長が目覚ましいベトナム

勢いにあふれる国だということ以外にも、食の豊かさや旧市街の街並みの美しさ、観光スポットの多さなど、ベトナムの魅力はたくさんあります。現在のベトナムでは経済成長によって街並や人々の生活意識にも変化が起きています。金銭的・時間的な余裕ができたことで、自分への投資やモノの付加価値に目を向ける人が増えてきたのかもしれません。

ベトナムは人口がまもなく1億人を突破すると見られており、国土も決して小さくないと主張。国にとって人口は非常に重要な資源であり、ベトナムが「安価で勤勉な労働力」という強みを存分に発揮できれば、高度経済成長のような急激な発展が可能です。

 

Linh