1億ユーザーが利用するベトナムのSNS・チャットアプリは?

ブゥ

11月 3, 2021

日本で言えばLINE、韓国で言えばカカオトークのように、世界各国にはそれぞれの国でよく利用されているSNS、コミュニケショーンツールがあります。そしてベトナムにも、ローカルに強くベトナム人仕様のソーシャルメディアとして挙げられる「Zalo」があります。

Zaloは、ベトナム発のショートメッセージサービス(チャットアプリ)及びSNSで、世界で1億人のユーザーがいます。月間アクティブユーザーは実に約5200万人もいます。タイやフィリピン、インドネシアなど東南アジアの地方でも利用されているようですが、ほとんどのユーザーはベトナム人です。ベトナム人にとっては日本でいうLINEのようなアプリで、家族や友達のような親しい関係の人との連絡にこのZaloがよく使われています。

Zaloは、音声通話、チャット、ライブ配信、近くにいるZaloユーザーとマッチする機能、タイムライン機能やニュースフィードといったチャットアプリの基本的な機能や音声メッセージの送信はもちろんのこと、さまざまな便利な機能があります。

Zaloの人気な理由として、高齢者でも簡単に使えるUI・機能性、友達との繋がり方が多様、仕事面でも使えるし、豊富な機能と利用可能サービス、Eコマース機能の充実


2012年リリースされたZaloは、Facebook、Twitter(2008年ベトナム進出)と比べると後発のサービスとわかります。

そのため、それぞれの良いところを踏襲し、ベトナム人に対する使い難い部分を改善し、ユーザビリティを追求することで多くのユーザーを獲得していきました。

 

ブゥ